改善すれば逆流性食道炎の苦しみから解放される

胃腸の不調を防ぐ

心電図

ストレスや食事が一因

胃酸が食道の粘膜を荒らすことで色々な不調が現れてくるのが、逆流性食道炎です。通常は胃の中に留まっている胃酸が、何らかの理由によって食道付近まで上がってくると、逆流性食道炎の症状が見られるようになります。胃酸が上昇してくる要因としては、食事内容や生活習慣などが指摘されます。現在、逆流性食道炎は年齢を問わず発症する傾向が見られ、ストレスとの関係が大きいと考えられています。食生活が乱れがちなこともあり、逆流性食道炎になるリスクが高くなるのが、働き盛りの男性や女性です。暴飲暴食は、胃酸を増やして逆流性食道炎を誘発しやすい状況を作ります。運動不足による肥満の方も、その体型が影響して逆流性食道炎に罹患しやすくなるというのが最近の説です。生活習慣との関わりが深い逆流性食道炎は、毎日の工夫で改善出来る余地があります。軽度の逆流性食道炎の場合は、胃酸を増やす刺激性の食品を避けるといった工夫だけでも、改善が見込めます。普段の姿勢を見直して、内臓の位置を正しく保つのも手軽にトライ出来る改善方法の1つです。症状が激しい場合や改善出来る見込みがない場合は、病院で検査や治療を受けるのがやはり最善の策です。逆流性食道炎の背景に他の病気が潜んでいないことを調べて、薬による治療を開始すれば、多くの方は大分症状が緩和されます。再発を防ぐために、治療を続けながら生活面を見直すことも大切です。食習慣を変える工夫も同時に進めていけば、再発のリスクが低下します。