改善すれば逆流性食道炎の苦しみから解放される

初期症状と治療方法

病院

悪化を防ぐために

体の不調にも色々な種類がありますが、特に胃腸の不調を訴える人は多くなっています。軽い症状の場合は市販の胃腸薬でも改善できることもありますが、放置していると悪化してしまう可能性もありますので、医療期間の受診も考えてみてはいかがでしょうか。逆流性食道炎も多くの人が悩む症状のひとつです。逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流することで起りますが、初期症状としては過度なげっぷ、胸やけ、甘いものが食べられない、酸っぱいものが上がってくるなどがあげられます。そして初期のうちに改善しておかないとさらに悪化し、進行すると食道が狭くなる、食べ物がのどを通りにくくなる、出血が起きて貧血になるなどの症状が出てしまうこともあります。まず、改善のためには食生活を改めることが大事ですので、刺激物や油分の多い食べ物はできるだけ避けましょう。過度な飲酒も良くありませんので、改善のためにも控えておくことがおすすめです。そして、肥満気味という人も逆流性食道炎になりやすい傾向にありますので、改善のためにも体重は適正に保ちましょう。改善が難しい場合は、医療機関で治療を行うこととなりますが、この場合は胃液の分泌を抑える薬が処方されたり、漢方薬が処方されることもあります。薬物療法で良い改善が見られない場合は手術で対応するという方法もあります。逆流性食道炎の手術は体への負担も少なくありませんので、できるだけ初期のうちに治療を進めていくことがおすすめです。